税理士は「あなたの暮らしのパートナー」
東京税理士会 豊島支部
会員ログイン
こんな時は税理士へ
税の無料相談所
税の便利マップ
豊島支部より
連絡先 交通アクセス
ホーム
こんな時は税理士へ
税の無料相談所
税の便利マップ
豊島支部より
連絡先 交通アクセス
トップページ
東京税理士会 豊島支部
東京都豊島区西池袋3-30-3
西池本田ビル3階
TEL: 03-3981-4585
豊島支部より
豊島支部よりご挨拶とお知らせです。
|支部長のご挨拶|

支部長就任のご挨拶

支部長

この度6月9日の定期総会で、東京税理士会豊島支部の支部長に就任いたしました石井啓子です。
所属する会員数が一千名を超える大支部の、しかも女性初の支部長ということで、その重責に身が引き締まる思いです。支部長としての2年間、税務の専門家として、税理士会員の資質向上と支部会務の活性化に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

定期総会で承認された事業計画の中で、第一番目に研修事業を積極的に展開してまいります。平成26年の税理士法改正に伴う会則変更で研修義務化が規定され、税理士会員は、「研修を、一事業年度に36時間以上受けなければならない。」とされました。平成31年からは日税連の会員名簿に受講時間が公表されることが決定しています。豊島支部は研修義務化が言われる前から研修事業に力を入れており、他支部に抜きん出た回数の研修会を開催し、著名講師を招いた研修会を企画してきました。この伝統を受け継いで、会場型研修を充実し、マルチメディア研修及びDVD研修等の支部会議室を活用した研修会を実施して、会員が自己研鑽に励むことができる環境整備に努め、36時間達成率の向上を手助けしたいと存じます。

二番目に、変化する税理士業務への対応を図りたいと考えます。少子高齢化社会を迎えて、税理士の主な顧問先である中小企業は「後継者不足」や「事業の頭打ち」を理由に事業縮小や廃業が増加しております。税理士事務所もまた同じ悩みを抱えています。ICT化やAIによるフィンテックの普及による税理士業務の質の変化やTPPによる国際化の競争の激化への対応も迫られています。支部で勉強会等を開催して多くの会員の知恵を集結し、事業の維持発展及び事業承継への対応を検討して行きます。

三番目に税理士の専門職能を生かした地域社会への貢献の充実を図ります。成年後見特別委員会を常設委員会化し、税務支援対策や租税教育等に関する施策も継続して、公益的事業に積極的に取り組んでまいります。

韓国ソウル鍾路地域税務士会や台北市記帳業職業公會他との国際交流を継続して行うほか、法対策部の事業計画にある「アジアを中心とした諸外国の税務専門家団体との情報交換」については、多くの会員に呼び掛けて、新たな国や地域との交流の企画を考えております。「百聞は一見に如かず」です。積極的に外に出て税務に関する見聞を広めたいと考えます。

この度の部長会構成メンバーは、部長・委員長12名のうち6名が新任でした。また、支部会員に占める女性会員の割合は16.7%、部長・部員等全体では女性会員の割合は16.4%でした。支部初の女性支部長として、今後、若手会員及び女性会員の積極的登用を心がけてまいります。

最後に、「楽しい会務」をモットーに支部会務に取り組んでまいりますので、会員の皆様の温かいご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

東京税理士会 豊島支部
支部長 石井 啓子
(平成29年8月17日記)

前のページに戻る トップページへ このページのトップへ
Copyright c  2006, 東京税理士会 豊島支部